Slide 1 Slide 2 Slide 3            Slide 4 Slide 5 Slide 6 Slide 7            Slide 8            Slide 9            Slide 10            Slide 11 Slide 12
成長 さらなる進化を遂げるため、
自らの在り方を確立しよう
公益社団法人 宿毛青年会議所 2016年度 理事長所信  はじめに  
 宿毛青年会議所は1964年に創立以来、明るい豊かな社会の実現という理念の下、諸先輩の弛まぬ努力と情熱により多くの方々の信頼を得て、その運動はしっかりと同地域に根付いております。  
 この度私は公益社団法人宿毛青年会議所第52代理事長を拝命しました。2006年に当会議所へ入会し、数多くの貴重な出会いと体験をさせていただきました。半世紀を越えて諸先輩が得られた信頼や築き上げられた伝統、事業を継承しつつ、私自身が9年間で得た経験を活かし率先して行動して参ります。

四国地区大会の実施  
 今年度宿毛青年会議所は、公益社団法人日本青年会議所四国地区大会を主管させていただくこととなりました。創立以来、初めての挑戦となります。地域社会の活性化を促し、また、各地会員会議所メンバーの資質向上につなげられるよう、私たちが中心となって臨まなければなりません。創立52年目で初めて得られた絶好の機会ととらえ、これまでのJC運動で得た経験を元に地域の魅力とは何か、どう発信していくのかを再度考察し、四国地区内の青年会議所と交流を持ちながら、メンバー一同開催に向けて日々邁進し、成功に導きます。

次世代を担う青少年の育成  
 未来へ夢や目標を抱き、社会を作る営みに積極的に取り組むことができる青少年の育成について、大人である我々は青少年にその大切さを伝えていかなければなりません。そのために、自分自身に誇りを持てる青少年の育成を目指して運動して参ります。子どもたちは多くの経験を重ねる事で成長し、自信につながります。自分を信じ、自ら考え行動できる青少年は、夢や目標を実現するために自主的かつ積極的に行動を起こしていくでしょう。自分自身を大切にし、また、自分達を育む環境を大切にすることは、次世代を担う青少年にとって重要な要素であるという考えのもと、地域の未来を明るくするために青少年育成事業を実施致します。

より良い地域社会の構築  
 宿毛市は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、一年を通じて暮らしやすい地域です。一方、多くの市町村と同様に、少子高齢化、人口流出などの問題を抱えています。地方創生がうたわれる今日、地域の特性や実情を知り、様々な問題と対峙しながら、我々ができること、しなければいけないことは何なのかを考え、行動していかなければなりません。青年会議所運動とは、理念、情熱を持って、事業を計画し、人と人とをつなげていくことであると考えます。そういった地道な運動の積み重ねが地域に活力を与える一助となるのではないでしょうか。そして、それらの運動を通じて得られた経験を次世代へつないでいくことで、更なる地域の発展を目指す事業を構築致します。

市民祭への参加  
 我々は、1977年より様々な形で市民祭に関わって参りました。現在は夏の花火大会「すくもやけん夏」と、秋の祭り「市民祭宿毛まつり」を統合させた「市民祭宿毛まつり」の実行委員会へ出向しており、多くの団体と協力しつつ市民祭を作り上げております。私自身入会して毎年参加し、2014年度には実行委員長を務めさせていただきました。多くの人と共に運営することで、祭りを作り上げていく苦労、そして成功の喜びを分かち合うことができました。毎年の来場者は宿毛市内外から数万人にのぼり、秋の祭りとして認知され、しっかりと根付いております。多くの団体と協力しながら市民祭を作り上げていくことは、地域貢献につながり、我々宿毛青年会議所が関わっていくべき事業であると考えます。 会員拡大  宿毛青年会議所は創立以来51年間、明るい豊かな社会を目指した運動を行って参りました。その弛まない運動の原動力となるのが会員です。しかしながら、全国的な傾向でもありますが、青年会議所の会員数は減少の一途をたどっており、会員数を維持拡大していくことは我々にとって重要な課題であります。この課題に取り組んでいくにあたって、まず、その重要性をメンバーに呼びかけつつ、各委員会と連携をとりながら会員拡大についての情報収集を行います。そして、我々がどういう団体か、どういった運動をしているのか、適切に、そして即座に情報を対外発信することで、青年会議所運動についてよく知っていただくように努めます。青年会議所運動の周知に努め、一人でも多くの方々に共感と協力が得られるよう心がけ、積極的に会員拡大に取り組みます。

結びに  
 JC宣言にもあるように、我々は青年会議所を通じて各々が学び、地域のためにどう行動するかを考える中で、個として、また組織として成長していく機会を得ることができます。私自身、入会して9年間、何も考えず青年会議所活動を楽しんでいた時期、責任感だけで一生懸命活動していた時期、何のために活動をしているのか自問自答していた時期、紆余曲折ありましたが、自分なりの目標を定めて活動して参りました。そのような活動が自分自身を成長させ、他では得られない仲間を与え、そして、地域への貢献につながっていると確信しております。メンバー一人ひとりが自らの在り方を見直し、目標を定め、一年を終えやってよかったと思えるように一歩ずつ歩み、そして次世代へつなぐことができるように全力で精進していきます。  最後に、理事長という貴重な機会を与えて下さった青年会議所会員の皆様に感謝し、今後とも公益社団法人宿毛青年会議所への変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げ私の所信と致します。

   

第52代理事長 野村周作



公益社団法人宿毛青年会議所
     〒788-0001 高知県宿毛市中央2-2-18
TEL&FAX: 0880-63-3484
      E-mail: sukumojc@mb.gallery.ne.jp  


事業計画
1.
四国会員大会の実施
2.
次世代を担う青少年の育成
3.
より良い地域社会の構築
4.
市民祭への参加
5.
会員拡大
基本理念
成長
~さらなる進化を遂げるため、       自らの在り方を確立しよう~






  •      
inserted by FC2 system